母子愛育会創立の経緯

福祉法人社会 恩賜財団母子愛育会 Imperial Gift Foundation Boshi-Aiiku-Kai
 
ホーム HOME母子愛育会の概要 > 創立の経緯

母子愛育会創立の経緯

ホーム Home 母子愛育会の概要 愛育班活動 愛育推進部
母子保健・福祉関係者  対象研修事業(研修部) 先天性代謝異常症治療用ミルク 関係事業(特殊ミルク事務局)
愛育幼稚園 ナーサリールーム 愛育研究所 愛育相談所
寄付のお願い 交通案内 サイトマップ

母子愛育会創立の経緯

母子愛育会の概要ページ一覧に戻る

母子愛育会は、昭和8年12月23日の現天皇陛下御誕生を機に昭和天皇から伝達された御沙汰書をもとに、昭和9年3月13日、創立されました。

創立当時の我が国は、経済不況に加え社会情勢が悪化し、厚生省(現:厚生労働省)や保健所も設置されていない状況下で、子どもや母親の保健はほとんど顧みられない状態にありました。愛育会は、設立の使命を果たすため、社会の実情に即した科学的な研究を行い、その成果を実際に応用するために各界の権威者を委嘱して、昭和9年5月愛育調査会を設置しました。

愛育調査会の事業を発展させ、児童及び母性の養護、教育に関する総合的研究を行うため、昭和13年11月「愛育研究所」を開設、翌12月臨床部門として「愛育医院」(小児科部門)を開院しました。愛育医院はさらに昭和15年12月産科部門を設置し、昭和24年医療法の規定により「愛育病院」と改称しました。また愛育研究所は厚生省から研究業務の一部の委託を受けることになり、昭和39年9月、日本総合愛育研究所と改称しました。

また愛育調査会による調査の結果、我が国の乳児死亡率が非常に高く、ことに農村漁村に著しいことが判明しました。その低下を図る対策として、村ぐるみで根本的に取り組むという考えで「愛育村」事業を考案しました。その基礎的な単位組織が「愛育班」です。愛育班は、班員の家庭訪問・話し合いと・学習を中心とする活動によって、地域保健の推進に多大の貢献をしました。現在もその愛育班活動は各地で受け継がれています。

母子愛育会は戦前・戦中・戦後にわたり、時代が生み出す母子保健・福祉の課題に取り組み続け、現在に至っています。

母子愛育会の概要ページ一覧に戻る

 
ホーム Home 母子愛育会の概要 愛育班活動 愛育推進部
母子保健・福祉関係者  対象研修事業(研修部) 先天性代謝異常症治療用ミルク 関係事業(特殊ミルク事務局)
愛育幼稚園 ナーサリールーム 愛育研究所 愛育相談所
寄付のお願い 交通案内 サイトマップ
 
このページのトップへ
 
Copyright(c) boshiaiikukai.jp. All rights reserved.